Sold out

YM Back Pack -Wandering- 40-45L

商品カテゴリー: ,

説明

開発背景

<はじめに。。。>

Wanderingは読んで字のごとく、このYM Back Packは「Wandering =さすらい~放浪」をテーマにしております。2023年のテーマに即した形でリリースをもくろむそんなザックになります。

2022にリリースしたYM Back packは容量的には小屋迫に適したサイズで、パッキング次第ではテント泊も勿論可能です。でも手持ちのテントがノーフレームであることやシュラフも軽くてあたたかいFP(フィルパワー)のものでまとめないとテント泊は中々難しいというお声もある中でやはり万人が使いやすい、そしてさっと背負ってWanderingらしく、「どこ吹く風」を感じてもらいながら色々な山遊びに使ってもらいたいと思い作成に踏み切りました。

<開発スタート>

2019年に開発スタート?というか40Lクラスを目指し、、、

その後しばらくは試作三昧。その間YM SacocheやMinimal walletに着手してバックパックは一旦保留。。。いつか自分が納得する形に、、、そしてそれがゆっくりと時間かけて取り掛かれるように。。。

そして生まれたのがYM Back packでした。

1stのザックはとにかく日帰り~ファストハイクに使い易いザック。ここが目標でした。

僕のライフスタイルでは子育て真っただ中で長期縦走には中々出かけられず隙間時間をどう使えるか?それが開発背景になり(MOUNTDOORのスタートもこれがコンセプト)1泊に十分だけどそれを詰め込んだ日帰りが出来て、あわよくば一泊できちゃう。そんなザックに仕上がったが1stのYM Back packです。

その後ほんの少ーしライフスタイルが変わり2泊は出来そう??そうなるといよいよ。。。

そう温めていた40L~クラスのバックパックへ着手できる。。。そうとなれば今考えているものをいったん全部サンプルに出して(output)、それを担いでInputしようと思い、先ずはとにかく出し切りました。(ジブリのある作品の中学生主人公ににた背景。。。)

是非その開発したプロダクトをご覧ください。

YM Back pack wandering

仕様

 

  • 容量: 40L
  • Size: M / L (背面長さとショルダーパッドの長さ違い) 
  • 本体防水生地:ECOPAK200D / Ultra200
  • メッシュポケット:Ultra ストレッチポケット (撥水加工ナイロンストレッチ生地)
  • 背面~ショルダーパッド:ダブルラッセルメッシュ+240OXナイロン
  • ボトム(サイドポケット含む):コーデュラ高密度420Dナイロン
  • ナイロンテープ:本橋テープ薄口ナイロン
  • バンジーコード

 

特長

1: サイズ

M: コヨーテ / L: ホワイト

容量は変えず背面でサイズ分けをしております。背面パネルの長さは変わりませんがショルダーパッドの付け根の位置がMサイズはLサイズよりも低い位置についており、ショルダーパッドの長さもMは少し短くなっております。

Mサイズで背面49cm程度、Lで55cm程度となります。(サンプル段階)

 

2: ストレッチポケット(思案中)

フロントポケットはストレッチポケットを採用しております。

4WAYの撥水加工されている生地を採用。外から何が入っているか見えない仕様ですのでプライバシーに一役買っておりますが外から一目して何が入っているか確認しづらいでメリットもありますがストレッチポケットによってスマートに収納できつつも一般的なストレッチポケットよりも強度が高いポケットになります。※裁断するのが時間のかかる生地でその強靭さを物語っています。

 

3: 吹き流しポケット

吹き流しには幅26cm程度、縦18cm程度の小型ポケットを完備。ちょっとしたものを取り出すときにザックを開けることなく収納可能。日常使いですと文庫本が複数冊入る容量。

吹き流しの位置にこのポケットを付けることによって屈んだり椅子高に座って物の出し入れをし易い高さなのでいつかこの高さにつけたいと思って実現したポケットです。

薄型のウインドジャケットやレインジャケットなども収納可能です。

4: サイドポケット

サイドポケットはハードメッシュとボトムはコーデュラ高密度ナイロン420Dで構成しておりますのでハードに扱いやすい素材を選定しております。

ボトルが最大2本入る容量に設計しております。

このようにラフに2Lペットボトルも収納できます。

またトレッキングポールなども格納できます。外付けだとどうしてもデリケートなカーボンポールが心配な時がありますが、サイドポケットに収納しサイドテープで固定するのがおすすめです。

 

 

 

現状はここまでとなります。またページは随時更新してまいります。