Sold out

YM Shoulder -KUMPEL-

2022SSリリース予定(Pripro版近日販売検討中)

Price: 6,300-6,600円?(近日公開)

予約開始案内/再入荷等のお知らせメール登録

 

◆仕様◆

・本体パネル: X-pac 70-210D(or Ecopak210) / コーデュラ305

・ファスナー部: Dyneema210D

・バックパネル-ボトム:コーデュラ420

・バックポケット: R-ナイロン100D

 

 

商品カテゴリー: ,

説明

もっと身体と密着した相棒的なショルダーバッグが欲しい。

そんなところからスタートしたのがこのYM Sholder-KUMPEL-です。

■製品仕様■

サイズ:横30cm程度×縦19cm程度×マチ6cm程度

容量イメージ:

重量:本体約90g程度 / ショルダーベルト込み115g程度

生地

・本体前面パネル:X-PAC70D or 210D (or EcoPak?) / コーデュラ305

・前面パネル仕切り:コーデュラRip

・ボトム+バックパネル:コーデュラ420D

・ファスナー部:ダイニーマ210D

ファスナー : YKK(アクアガード3C)

 

■開発背景■

KUMPEL(くんぺる)はドイツ語で相棒的な意味で、山行時に密接した相棒的な存在であって欲しいところからこのネーミングにしました。

ただショルダーバッグもサイズ選びが難しい。小さすぎても大きすぎても使いづらい。

どのメーカー様も頭を悩ませているサイズ感は当然設計者の僕も悩みました。

バッグ一つで完結させることは難しいので、リリースしているYM Short pants(2022はリニューアルして6ポケ)のポケットに分散して自分が想像する最高の使い勝手のものを作ろうと思い今回のサイズに仕上げました。

 

 

ウェストポーチのようにウェストにまいて使うことも出来るし、

ボディバッグのように肩けできるようにしております。

YM Sacocheはマルチに使える万能型のサコッシュですが、アクティビティの度合いによっては少し大きいと感じる時もあると考えております。

 

特に急登シーンでは足上げの際にサコッシュに当たることもあり少し気にはなっておりました。足さばきをストレスなくしたと思い本体の高さを小さく設計にする事で足廻りを快適にすることが出来ました。

また、前かがみなってもしっかりと身体と密着する設計になっております。

 

その他マチを本体で一周取っていることで、、、

物が直ぐ取りやすく、見やすく設計しております。

 

背面にはスマホや携行食、地図が入るポケットを設けております。

 

また、今回採用したのはこのアタッチメント。

グローブを着けていても使いやすいようクロスバックルを採用しました。またテープも握りやすく型の負担を解消するよう25mm幅のテープとバックルを採用しております。

 

 

サコッシュとはまた違ったアプローチプロダクトです。ご期待くださいませ。