Sold out

YM Sacoche

¥7,095 税込

販売価格:6,450円(税抜)

カラー:グレー  / 完売コヨーテブラウン / 完売 ブラック / 完売カーキ / 完売ネイビー(Web LE color)   ※Oversea shipping is available.  

 

<YM Sacoche販売店一覧>※各パートナーショップ様へお問い合わせください。

 

ご注意事項

    • 仕様は予告なく変更する場合がございます。
    • 商品のご注意事項、お取り扱い方法はこちら =>https://shop.mountdoor.com/handling/
    • 製品品質やキャンセルポリシーはこちら => https://shop.mountdoor.com/cancelrefund/
    • 発送予定時期は予定となりますので生産状況によって遅れが発生する場合が御座いますので予めご了承の上、ご予約お願い致します。
    • 発送に関してはこちら
    • 登録メールアドレスが間違っている、ドメイン許可(@mountdoor.com)をしてない場合、決済後直ぐに来る自動配信メールは届きませんので、必ず受信設定、また、登録アドレスが間違っていないか、迷惑メールに入っていないか、をご確認の上購入を進めてください。特にキャリアメール(docomo、au、ソフトバンク)を利用されている方は受信制限・迷惑メールフィルターが強く、決済後のメールが届かないことが多々御座います。
    • 決済時に登録した「お名前」「ご住所」が間違っている場合には商品発送後お手元に届かず発送元に戻り「通常よりも大きく割り増しされた再発送料金」が「着払い」で発生するため、その分はご負担いただきますのでご注意ください。

 

◇オーダーフォーム◇

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: ,

説明

今回リリースする定番品のYM SacocheはMinimal walletやBack packでも一部使用しているDyneemaやSpectraの「生地柄」が同等の「ツヌーガ®」を使用したRip生地を本体全てに使用した仕様となっております。※ツヌーガ®︎自体はX-pacのような防水生地ではありませんが裏地はPU加工されております。

 

2022のYM Sacocheのモデル構成は、、、

  • 本体生地:ツヌーガ® リップ生地
  • ファスナー: YKK アクアガード-光沢
  • 引手:MOUNTDOORオリジナルポリエステルコード
  • ポケット:ソフトメッシュ
  • 仕切りポケット: 本体同様
  • 仕分けポケット:ソフトメッシュ
  • W26.5cm程度×H22cm程度×D6.5cm程度
  • ショルダーベルト(20mm) PPテープ(Dリングが変更)
  • ショルダーコード:MOUNTDOORオリジナルダイニーマコード2.2*コードには3点止めのフックも装着しています
  • 本体重量:  約85g *ショルダー含まず
  • 耐理想荷重:1kg以内(肩が痛い、食い込むなど使用上にて「負荷」を感じる場合には製品使用上キャパオーバーのため製品劣化を早めます。)
  • ※構成部材は調達の関係で予告なく変更する場合がございます。

 

となります。とにかく本体がとても「柔らかく」なったのが大きな特長となります。張り感こそ失われてしまいましたが、そのくたっとした風合いは独特で肌辺りも良く、身体にもフィットするので「まとう」イメージが強いです。

※生地の特性上格子にズレがありますが不具合ではございません。

※格子ずれは極端な例をあげております。なるべく柄ずれが少ないように縫製をしております。

 

<使い方動画>

 

 

<仕様面>

1: ポケット部

ポケットはフロント/仕切り/本体側の3種で分かれており特に出し入れ頻度の高いものを入れておくのに最適なポケットに仕上げております。

フロントは視認性の高いメッシュにしておりますので設計者はよくグローブを入れております。蒸れてくると直ぐに外してメッシュで乾かしたりできるので最適です。

 

 

 

2: アタッチメントとショルダーのアジャスター

 

 

1-1: メッシュポケットの特長

  • 強度
  • 視認性

の3点となります。

初リリースの際にはストレッチメッシュ素材を採用しておりましたがもっとラフに使いたい、そのようなご要望にお応えすべく、ソフトタイプのナイロンメッシュを採用。

1-2   音: 仕切りパネルにFibermax64を使用していましたが本体生地同様に

以前は「Fibermax」を採用しておりました。独特のパリパリとした音のなるコーティングナイロンで気に入っていたんですが、町のシーンでは映画館や静かな場所で音がなって気になるなど、確かに製作者も気になっていた部分ですが、それに勝る軽さ、自立性ある固さ、そしてストレッチポケットから透けて見える色合い、これをどうしても使いたくて当初採用しました。

しかしソフトタイプのナイロン100%メッシュにするなら視認性が良いのであえてFibermaxにして色を工夫する必要も無く、これまでの問題点をクリアするなら本体生地と統一しようと仕切りパネルはコストUPにはなりますが変更しました。 

1-3 : 最後に仕分けポケット。

これは2020年版はコーデュラRip(30D)を採用しております。視認性もよいのですが本体生地が厚いとバランスが少し悪くなってきて候補を探しておりました。

100Dのリップナイロンも候補としてサンプル作成をしておりましたが、管理面と工数から考えて、何が適材かと考えたとき、フロントのソフトメッシュを仕分けに使うことに行き着きました。

視認性も良い、水抜けとしても利用できる。またメッシュの摩擦もあるのでモノがより抜け落ち難くなる。そう考えてソフトメッシュにしました。

またメイン収納にはカラビナDリングがファスナー裏に仕込んでありますので貴重品をホールドしたりするのにおすすめです。

2: アタッチメントとアジャスター

2-1: アタッチメント

 

かつザックとのドッキングもし易いように考えていました。

また、右掛け、左掛けの声が少しずつ増えてきたので、ストラップをスイッチ出来る様にも考えた末、アタッチメント採用に踏み切りました。強度面も十二分です。

 

2-2: アジャスター

アジャスターを今回ショルダーベルト側にも採用しているので、さらなる可変調整が可能。腰に巻くことも可能なのでバリエーションはかなり広がりました。

3: 容量

3-1:全体収納

収納力はご覧の通り。一例として控えめの使用方法ですが出し入れの多いものや貴重品をしっかりと収納できます。

3-2: メイン収納の容量

例としてナルゲン500mlとグラスケースとYM Minimal walletを入れておりますが1.0-1.5Lくらいの収納が可能です。

適切な量としては1.0L未満ですがかなりの量が収納可能です。ただユーザビリティを考えると1.0L未満で使うのが推奨値と考えます。

 

 

見た目はそこまで変わっていなくても機能面が大幅に変わった新しい山町サコッシュ、YM Sacocheを是非ご体感ください。

 

 

 

追加情報

Color

1: ブラック, 2: グレー, 3: カーキ, 4: コヨーテブラウン, 5: ネイビー