YM Bottle holder LE

¥4,565¥5,170 税込

WEB限定販売: 11月1日PM8より ※Normal modelはこちら =>https://shop.mountdoor.com/product/ymbottleholder/

本体メイン素材:VX33/ VX21/ ECOPAK200D/ Liteskin21 Color: 4色 *ショルダーストラップは含みません

◆製造◆

MADE IN JPN

<ご注意事項>

  • 商品のご注意事項、お取り扱い方法はこちら =>https://shop.mountdoor.com/handling/
  • 製品品質やキャンセルポリシーはこちら => https://shop.mountdoor.com/cancelrefund/
  • 画像はサンプルです。納品商品と仕様が異なる場合がありますので以下商品詳細ご確認ください。
  • お客様のモニター環境(スマホ・パソコン・その他)や光の当たり方によってボディやプリントの色が異なって見える場合が御座います。予めご了承の上お買い求めください。
  • 発送に関してはこちら 
  • 在庫販売品と予約オーダー品を同時にオーダーされる場合には予約オーダーの発送時期にまとめて発送となります。お急ぎ納品をご希望の際には、在庫販売品と予約オーダー品は別々に決済していただくようお願い申し上げます。もし間違って決済後に分割されたい場合には、一度「キャンセル」となり、キャンセル払い戻し手数料などが発生します。決済後のご依頼にはご注意ください。
  • 登録メールアドレスが間違っていて、ドメイン許可(@mountdoor.com)をしてない場合、予約オーダー決済後直ぐに来る自動配信メールは届きませんので、必ず受信設定、また、登録アドレスが間違っていないか、迷惑メールに入っていないか、をご確認の上購入を進めてください。特にキャリアメール(docomo、au、ソフトバンク)を利用されている方は受信制限・迷惑メールフィルターが強く、決済後のメールが届かないことが多々御座います。
  • 登録した住所が間違っている場合には商品発送後お手元に届かず発送元に戻り再発送料金が発生するため、再送費用は着払いとなります。ご注意くださいませ。

■オーダーフォーム■

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: ,

説明

・製品仕様(Limited Edition-Web限定)

本体重量

本体約 32~38g(フックなどすべて込み / 16mm幅ループは含まず) : DCF2.92(32g) / ULTRA200(33g) / Spectra(34g) / VX07(34g) / LS21 (36g) ECOPAK200D(36g) VX21 (36g) / VX33(38g) ※Spectraは裏地防水加工のためやや滑り辛いのでボトルが少し入れづらい感はあります

本体サイズ

縦13.5cm程度×直径8cm程度

※ナイロンテープを入れた状態ですと縦18.5cm程度

 

 

容量イメージ

※ショルダーパッドに着けた状態で7.5cmφのボトルが適当な限度。8cmでも入りますが出し入れがやや窮屈になります。製品自体は円筒状になっておりますがショルダーパッドに付けるとその分体積が減りますので必ずショルダーパッドに取り付けた状態でお手持ちのボトルが入るかご確認ください。

上:550mlペットボトル

下:500ml 山専ボトル

他7.5cmφ(径)のものであれば難なく入ります。8cm付近になると縫製個体差でやや出し入れし辛い感じとなります。

 

フックの位置は可変できますので、ショルダーパッドの長さや体型に合わせて調整してください。

生地

・本体前面パネル:X-pac~Spectra ~Ultra200 ~ DCF ~ LS

・バックパネル:コーデュラ420D高密度ECO

 

取り付け可能ザック

  • YM Back Pack (MOUNTDOOR)
  • 他UL系メーカー様バッグにて確認済

 

その他

YM Sacoche(2021年モデル以降)からストラップを取り外し可能なアタッチメントにしております。

受け側のパーツがボトルホルダー/サコッシュは同じなので、、、

このように肩掛けできるボトルホルダーにすることが可能です。

ボトルだけもってちょっと移動したいという時にはこのように使うことも出来るちょっとした遊び心を取り入れております。

・開発背景

やっぱりボトルホルダーは便利。。。そう感じて設計に踏み切りました。

YM Back packはYM SacocheやShoulder、YM Short pantsとの連携でなるべく携行品を分散させて使う提案をしておりました。というかそれで十分事足りたのです。。。ですが、、、ということをオフィシャルサイトのNewsで綴っておりますのでこちらをごらんください↓

ボトルホルダーへの思い

 

・取付方法

1:ホルダーの取付

取付方法はいたってシンプルです。UL系のザックによくある取付ループ(ループのない場合も御座いますのでその場合フックがつけられず上手く固定できません)にフックを通します。

 

フックはやや硬めなのでしっかりとカチッとなるまでかしめてください。画像のように綺麗に止められるかと思います。

次にマジックテープでショルダーに固定します。

このようにしっかり固定してください。

固定した後、チェストストラップが上下のマジックテープに干渉していないかを確認ください。

このように干渉していなければ問題ないですが、もしどちらかのマジックテープが邪魔をしている場合などは、、、

例えば上側のマジックテープをナイロンテープの下に格納して、幅の狭い(16mm)の付属マジックテープで固定します。

本体側に付いているマジックテープよりも固定・安定感(トレランザックのボトルホルダー並み)は少し下がりますがこれでも十分に固定できます。

取り付後はこのようにマジックテープ上下間が広がりチェストストラップの可動範囲を広げられます。

2: ホルダーの取付位置変更

取付後にザックを背負うとボトルホルダーの位置が少ししっくりこない。もっと上に取り付けたいと思うかもしれません。

その場合には、、、

フックの位置を下に取り付けてください。

フックの付いているループ部分は上下縫製で分断されておりますので、下の方に付けるとホルダーを役2cm上につけることが可能です。

上画像がフックが上に付いている場合

下画像がフックを一段下げて2cm上に引き上がった場合

ショルダーパッドが短い場合も同様で、フックの位置自体を変えることで取付が可能な場合も御座います。

左:フックが上の場合

右:フックを下にした場合

約2cmの差ですが、この調整差は大きいです。

動画紹介

追加情報

Color

1: DCF2.92 ブラック, 2: DCF2.92 ホワイト, 3: Ultra200 ブラック, 4: VX07カムフラージュ, 5: VX33 マルチカム, 6: Spectra ブラック, 7: LS21ヘザーグレー, 8: ECOPAK200D グレー, 9: X-Pac210D コヨーテ